コレステロール低下薬……スタチンの実際   
1.あなたが服用しているスタチンの名前を確認する。
2.スタチンの重篤な副作用を再認識する。  
3.スタチンを処方された時に、医者に質問する項目は?  
4.スタチン処方時、医師が患者に解説すべき事項は?    
あなたに処方されているスタチンは?
薬 品 名 薬価 /錠 メーカー   
アトルバスタチン錠5mg 36.1^40.1 後発(リピトール)  16社
アトルバスタチン錠10mg 68.9~76.5 後発(リピトール)  16社
アルセチン錠5 19.2 後発(メバロチン)テバ
アルセチン錠10 38.0 後発(メバロチン)テバ
クレストール錠2.5mg 70.9 アストロゼネカ-塩野義
コレリット錠5mg 19.2 後発(メバロチン)扶桑
コレリット錠10mg 38.0 後発(メバロチン)扶桑
シンスタチン錠5mg 46.0 後発(リポバス)陽進堂
シンスタチン錠10mg 89.5 後発(リポバス)陽進堂
シンスタチン錠20mg 189.8 後発(リポバス)陽進堂
シンバスタチン錠5mg 30.9~74.4 後発(リポバス) 9社
シンバスタチン錠10mg 71.3~143.3 後発(リポバス) 10社 
シンバスタチン錠20mg 135.8~256.4 後発(リポバス) 10社
タツプラミン錠5mg 19.2 後発(メバロチン)辰巳
タツプラミン錠10mg 32.8 後発(メバロチン)辰巳
プラバスタチンNa錠5mg 14.9~29.2 後発(メバロチン) 13社
プラバスタチンNa錠10mg 19.1~60.2 後発(メバロチン) 13社
プラバスタン錠5 29.2 後発(メバロチン)日本藥工
プラバスタン錠10 55.1 後発(メバロチン)日本藥工
プラバピーク錠5mg 14.9 後発(メバロチン)杏林
プラバピーク錠10mg 25.2 後発(メバロチン)杏林
プラバメイト錠5mg 14.9 後発(メバロチン)大原
プラバメイト錠10mg 32.8 後発(メバロチン)大原
プラメバン錠5 14.9 後発(メバロチン)日医工
プラメバン錠10 25.2 後発(メバロチン)日医工
フルバスタチン錠10mg 25.2~26.8 後発(ローコール) 4社
フルバスタチン錠20mg 47.6~51.4 後発(ローコール) 4社
フルバスタチン錠30mg 69.5~76.2 後発(ローコール) 4社
マイバスタン錠5mg 29.2 後発(メバロチン)東和
マイバスタン錠10mg 60.2 後発(メバロチン)東和
メバトルテ細粒0.5% 31.4/g 後発(メバロチン)テバ
メバトルテ細粒1% 55.9/g 後発(メバロチン)テバ
メバトルテ錠5 19.2 後発(メバロチン)テバ
メバトルテ錠10 32.8 後発(メバロチン)テバ
メバリッチ錠5 26.9 後発(メバロチン)日新
メバリッチ錠10 47.9 後発(メバロチン)日新
メバリリン錠5 14.9 後発(メバロチン)ケミックス
メバリリン錠10 21.1 後発(メバロチン)ケミックス
メバレクト錠5mg 22.6 後発(メバロチン)東菱
メバレクト錠10mg 47.9 後発(メバロチン)東菱
メバロチン細粒0.5% 61.6/g 第一三共
メバロチン細粒1% 114.7/g 第一三共
メバロチン錠5 54.0 第一三共
メバロチン錠10 101.7 第一三共
メバン錠5 22.6 後発(メバロチン)日医工
メバン錠10 43.0 後発(メバロチン)日医工
ラミアン錠5mg 74.4 後発(リポバス)大正薬品
ラミアン錠10mg 148.8 後発(リポバス)大正薬品
ラミアン錠20mg 297.6 後発(リポバス)大正薬品
リダックM錠5 26.9 後発(メバロチン)サンノーバ
リダックM錠10 47.9 後発(メバロチン)サンノーバ
リバロ錠1mg 66.4 興和
リバロ錠2mg 125.9 興和
リバロ錠4mg 238.7 興和
リピトール錠5mg 59.4 アステラス
リピトール錠10mg 113.6 アステラスhm,hjm
リポオフ錠5mg 51.7 後発(リポバス)日医工
リポオフ錠10mg 103.9 後発(リポバス)日医工
リポコバン錠5 30.9 後発(リポバス)日医工
リポザート錠5mg 30.9 後発(リポバス)テバ
リポザート錠10mg 89.5 後発(リポバス)テバ
リポザート錠20mg 135.8 後発(リポバス)テバ
リポバス錠5 117.4 MSD
リポバス錠10 232.3 MSD
リポバス錠20 461.8 MSD
リポバトール錠5mg 30.9 後発(リポバス)杏林
リポバトール錠10mg 63.9 後発(リポバス)杏林
リポバトール錠20mg 135.8 後発(リポバス)杏林
リポブロック錠5mg 69.2 後発(リポバス)東和
リポブロック錠10mg 143.3 後発(リポバス)東和
リポブロック錠20mg 256.4 後発(リポバス)東和
リポラM錠5 46.0 後発(リポバス)サンノート
ローコール錠10mg 40.5 ノバルティス
ローコール錠20mg 71.8 ノバルティス
ローコール錠30mg 103.8 ノバルティス
ガデュエット配合錠 78.3~147.7 ファイザー株式会社
アトルバスタチン錠/先発:リピトール
薬 品 名 薬価 /錠 メーカー   
リピトール錠5mg 59.4 アステラス
アトルバスタチン錠5mg「EE」 40.1 後発(リピトール)エルメッド
アトルバスタチン錠5mg「KN」 40.1 後発(リピトール)小林化工
アトルバスタチン錠5mg「サワイ」 40.1 後発(リピトール)沢井
アトルバスタチン錠5mg「サンド」 40.1 後発(リピトール)サンド
アトルバスタチン錠5mg「トーワ」 40.1 後発(リピトール)東和
アトルバスタチン錠5mg「DSEP」 36.1 後発(リピトール)第一三共
アトルバスタチン錠5mg「NP」 36.1 後発(リピトール)ニプロ
アトルバスタチン錠5mg「ZE」 36.1 後発(リピトール)全星
アトルバスタチン錠5mg「アメル」 36.1 後発(リピトール)共和
アトルバスタチン錠5mg「日医工」 36.1 後発(リピトール)日医工
アトルバスタチン錠5mg「モチダ」 36.1 後発(リピトール)ニプロ
アトルバスタチン錠5mg「JG」 36.1 後発(リピトール)日本ジェネリック
アトルバスタチン錠5mg「TSU」 36.1 後発(リピトール)鶴原
アトルバスタチン錠5mg「YD」 36.1 後発(リピトール)陽進堂
アトルバスタチン錠5mg「杏林」 36.1 後発(リピトール)キョーリン
アトルバスタチン錠5mg「明治」 36.1 後発(リピトール)明治
リピトール錠10mg 113.6 アステラス
アトルバスタチン錠10mg「EE」 76.5 後発(リピトール)エルメッド
アトルバスタチン錠10mg「KN」 76.5 後発(リピトール)小林化工
アトルバスタチン錠10mg「サワイ」 76.5 後発(リピトール)沢井
アトルバスタチン錠10mg「サンド」 76.5 後発(リピトール)サンド
アトルバスタチン錠10mg「トーワ」 76.5 後発(リピトール)東和
アトルバスタチン錠10mg「DSEP」 68.9 後発(リピトール)第一三共
アトルバスタチン錠10mg「NP」 68.9 後発(リピトール)ニプロ
アトルバスタチン錠10mg「ZE」 68.9 後発(リピトール)全星
アトルバスタチン錠10mg「アメル」 68.9 後発(リピトール)共和
アトルバスタチン錠10mg「日医工」 68.9 後発(リピトール)日医工
アトルバスタチン錠10mg「モチダ」 68.9 後発(リピトール)ニプロ
アトルバスタチン錠10mg「JG」 68.9 後発(リピトール)日本ジェネリック
アトルバスタチン錠10mg「TSU」 68.9 後発(リピトール)鶴原
アトルバスタチン錠10mg「YD」 68.9 後発(リピトール)陽進堂
アトルバスタチン錠10mg「杏林」 68.9 後発(リピトール)キョーリン
アトルバスタチン錠10mg「明治」 68.9 後発(リピトール)明治
プラバスタチン錠/先発:メバロチン
薬 品 名 薬価 /錠 メーカー   
メバロチン錠5mg 54.0 第一三共
プラバスタチンNa錠5mg「アメル」 17.3 後発(メバロチン)共和
プラバスタチンNa錠5mg「チョーセイ」 22.6 後発(メバロチン)田辺(販)
プラバスタチンNa錠5mg「MED」 22.6 後発(メバロチン)メディサ
プラバスタチンNa錠5mg「サワイ」 22.6 後発(メバロチン)沢井
プラバスタチンNa錠5mg「ケミファ」 29.2 後発(メバロチン)日本薬工
プラバスタチンNa錠5mg「トーワ」 29.2 後発(メバロチン)東和
プラバスタチンNa錠5「KN」5mg 19.2 後発(メバロチン)小林化工
プラバスタチンNa塩錠5mg「タナベ」 14.9 後発(メバロチン)田辺(販)
プラバスタチンNa塩錠5mg「KH」 14.9 後発(メバロチン)協和発酵キリン
プラバスタチンナトリウム錠「陽進」5mg 17.3 後発(メバロチン)陽進堂
プラバスタチンナトリウム錠5mg「ツルハラ」 14.9 後発(メバロチン)鶴原
プラバスタチンナトリウム錠5mg「NP」 14.9 後発(メバロチン)ニプロ
プラバスタチンナトリウム錠5mg「日医工」 22.6 後発(メバロチン)日医工
メバロチン錠10mg 101.7 第一三共
プラバスタチンNa錠10mg「アメル」 32.8 後発(メバロチン)共和
プラバスタチンNa錠10mg「チョーセイ」 38.0 後発(メバロチン)田辺(販)
プラバスタチンNa錠10mg「MED」 47.9 後発(メバロチン)メディサ
プラバスタチンNa錠10mg「サワイ」 43.0 後発(メバロチン)沢井
プラバスタチンNa錠10mg「ケミファ」 55.1 後発(メバロチン)日本薬工
プラバスタチンNa錠10mg「トーワ」 60.2 後発(メバロチン)東和
プラバスタチンNa錠10「KN」10mg 38.0 後発(メバロチン)小林化工
プラバスタチンNa塩錠10mg「タナベ」 25.2 後発(メバロチン)田辺(販)
プラバスタチンNa塩錠10mg「KH」 43.0 後発(メバロチン)協和発酵キリン
プラバスタチンナトリウム錠「陽進」10mg 32.8 後発(メバロチン)陽進堂
プラバスタチンナトリウム錠10mg「ツルハラ」 43.0 後発(メバロチン)鶴原
プラバスタチンナトリウム錠10mg「NP」 19.1 後発(メバロチン)ニプロ
プラバスタチンナトリウム錠10mg「日医工」 43.0 後発(メバロチン)日医工
シンバスタチン錠/先発:リポバス
薬 品 名 薬価 /錠 メーカー   
リポバス錠5 117.4 MSD
シンバスタチン錠5mg「OHARA」 35.7 後発(リポバス)大原
シンバスタチン錠5mg「アメル」 30.9 後発(リポバス)共和
シンバスタチン錠5「MEEK」5mg 51.7 後発(リポバス)小林化工
シンバスタチン錠5mg「マイラン」 46.0 後発(リポバス)マイラン
シンバスタチン錠5mg「MED」 60.4 後発(リポバス)沢井
シンバスタチン錠5mg「SW」 51.7 後発(リポバス)メディサ
シンバスタチン錠5mg「NikP」 30.9 後発(リポバス)日医工
シンバスタチン錠5mg「トーワ」 69.2 後発(リポバス)東和
シンバスタチン錠5mg「日医工」 51.7 後発(リポバス)日医工
リポバス錠10 232.3 MSD
シンバスタチン錠10mg「OHARA」 71.3 後発(リポバス)大原
シンバスタチン錠10mg「アメル」 71.3 後発(リポバス)共和
シンバスタチン錠10「MEEK」10mg 133.8 後発(リポバス)小林化工
シンバスタチン錠10mg「マイラン」 71.3 後発(リポバス)マイラン
シンバスタチン錠10mg「EMEC」 89.5 後発(リポバス)サンノーバ
シンバスタチン錠10mg「MED」 103.9 後発(リポバス)メディサ
シンバスタチン錠10mg「SW」 133.8 後発(リポバス)沢井
シンバスタチン錠10mg「NikP」 63.9 後発(リポバス)日医工
シンバスタチン錠10mg「トーワ」 143.3 後発(リポバス)東和
シンバスタチン錠10mg「日医工」 103.9 後発(リポバス)日医工
リポバス錠20 232.3 MSD
シンバスタチン錠20mg「OHARA」 218.5 後発(リポバス)大原
シンバスタチン錠20mg「アメル」 168.7 後発(リポバス)共和
シンバスタチン錠20「MEEK」20mg 218.5 後発(リポバス)小林化工
シンバスタチン錠20mg「マイラン」 189.8 後発(リポバス)マイラン
シンバスタチン錠20mg「EMEC」 189.8 後発(リポバス)サンノーバ
シンバスタチン錠20mg「MED」 189.8 後発(リポバス)メディサ
シンバスタチン錠20mg「SW」 218.5 後発(リポバス)沢井
シンバスタチン錠20mg「NikP」 135.8 後発(リポバス)日医工
シンバスタチン錠20mg「トーワ」 256.4 後発(リポバス)東和
シンバスタチン錠20mg「日医工」 189.8 後発(リポバス)日医工
フルバスタチン錠/先発:ローコール
薬 品 名 薬価 /錠 メーカー   
ローコール錠10mg 40.5 ノバルティス
フルバスタチン錠10mg「サワイ」 25.2 後発(ローコール)沢井
フルバスタチン錠10mg「三和」 25.2 後発(ローコール)三和化学
フルバスタチン錠10mg「タイヨー」 25.2 後発(ローコール)テバ
フルバスタチン錠10mg「JG」 26.8 後発(ローコール)日本ジェネリック
ローコール錠20mg 71.8 ノバルティス
フルバスタチン錠20mg「サワイ」 47.6 後発(ローコール)沢井
フルバスタチン錠20mg「三和」 47.6 後発(ローコール)三和化学
フルバスタチン錠20mg「タイヨー」 47.6 後発(ローコール)テバ
フルバスタチン錠20mg「JG」 51.4 後発(ローコール)日本ジェネリック
ローコール錠30mg 103.8 ノバルティスgh
フルバスタチン錠30mg「サワイ」 69.5 後発(ローコール)沢井
フルバスタチン錠30mg「三和」 69.5 後発(ローコール)三和化学
フルバスタチン錠30mg「タイヨー」 69.5 後発(ローコール)テバ
フルバスタチン錠30mg「JG」 76.2 後発(ローコール)日本ジェネリック
スタチンの副作用を考えたことがありますか?
スタチンの添付文書はネットで検索して読むことができます。
ここでは「コレステロール低下薬の副作用をめぐる裁判」を紹介して皆様の注意を促します。出典は浜 六郎著「コレステロール低下剤の安易な処方を反省しよう、薬のチェックは命のチェック(2001年)」NPO医薬ビジランスセンター 。
 コレステロール低下薬の副作用をめぐる裁判  
原告:福田 実 さん
被告:医薬品医療器機総合機構
 
1996年 福田 実さん33歳
コレステロール値254mg/dL
 
ベザフィブラート処方   
尿路感染、咽頭炎発症  
ベザフィブラート服用中止  
症状軽快  
 
 
1997年 福田 実さん34歳
コレステロール値257mg/dL
 
ベザフィブラート再処方   
尿路感染、咽頭炎発症  
プラバスタチン(メバロチン)追加処方   
感染症多発、コレステロール値180mg/dLに低下  
2年間、2薬剤併用を継続  
知覚障害、筋力低下、嚥下障害、排尿障害、筋萎縮性側索硬化症様中枢性神経症状、
脱毛、白髪
 
副作用被害救済を請求  
棄   却  
 
2003年:提訴  
 
2010年:勝訴、結審  
 
スタチンを処方されたら主治医に聞きましょう?
 「スタチン(コレステロール低下薬)を服用しなければいけない理由は?」、返ってくる医者の答えは「コレステロール値を下げるため」。ここで触れたい事はこんな次元の問題ではありません。少なくとも2010年9月まではこれで良かったかもしれません。
 「スタチンの使用は医師の合理的な判断による特別なケースを除き中止すべきである」は、日本脂質栄養学会が利益相反に無関係の莫大な数の文献を携えて日本動脈硬化学会へ2010年12月に送った公開質問書質問8にあり、「長寿のためのコレステロールガイドライン2010」第X章にも論じてあります。
 日本動脈硬化学会はこの公開質問書を黙殺し、2012年6月には「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012」を刊行してしまいました。
 そして日本脂質栄養学会は、「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012」への反論を、国際栄養科学連合IUNS)と欧州栄養学会連合(FENS)の公式雑誌に掲載することを承認されました。
 このような現況において、隠居組は提案します。スタチンの服用を中止して下さい。それでもスタチン服用をすすめる医者は、きっとあなたの健康を願ってのそれなりの理由を持っているはずです。スタチンの服用理由を明記したスタチン服用証明書を発行してもらって下さい。

 こんなお医者さまもいらっしゃいます。惑わされないで下さいね!
その1
 「そんな説もある」、これはコレステロール悪人説を支持しているお医者様の発言です。あたかもコレステロール善人説はセカンド・オピニオンかのように言われる。そもそもオピニオンとは、二つの正しい説があり、どちらか一方を選択するという時に使われ、例えば癌の治療、外科手術をファースト・オピニオンとすれば、セカンド・オピニオンとして放射線療法があるということになります。
 コレステロール代謝に、天動説があってはなりません。コレステロール善人説は、少なくとも2010年9月までは「天動説」に例えられました。ところが上に述べたように日本動脈硬化学と日本脂質栄養学会のその後のやりとりからしても、コレステロール善人説は自然の摂理に立脚した「地動説」として認めらつつあります。
 さて「このような説もある」の前述のお医者さまにお願いすることは、自然の摂理に適ったのはコレステロール善人説であることを確認することを念頭に、最低でもこのホームページを理解して戴きたいということです。

その2
スタチンを投与してコレステロール値が劇的に下がったことを患者に誇らせげに伝えた時の感動が忘れられずにいるお医者様は、ちっとやそっとやの事ではコレステロール善人説を認めようとしないし、脂質栄養学会が提示した文献は眉唾であり動脈硬化学会の利益相反に満ちた文献を信じ切ってあたかも自分自身が統計調査に(隠ぺいと捏造、改竄を指摘されていることも知らないで)参画したかのような錯覚にさえ陥って日常診療をこなしているとしか考えられません。どうせ錯覚に陥るのなら、利益相反に無縁の日本脂質栄養学会が取り挙げた統計調査に参画したつもりで、まず「コレステロールは下げたら危険である」ことを学び取って、さらに「スタチンはコレステロール値は下げるが、冠動脈心疾患発症率は下げなかった」というエビデンスに遭遇して、目から鱗を落とすlことを体験して頂きたいと思います。

その3
 とにかくスタチンを処方して診療報酬を上げようと考えているお医者様は、スタチンの処方箋数が減るのが怖くて、だめ押しに「ぼけ防止にもなりますからね」と付け加えることは決して忘れてはしません。
スタチン処方時、医師が患者に解説すべき事項は?
 理論的に正しい説明であれば、何と言っても許されます。多くの医師が診察室の座右の書としている書籍には、各種疾病予防ガイドラインや今日の治療薬等があり、大抵はこれを出典として話を進めて行けば大丈夫です。
 しかし、ことスタチンに関しては、この限りではありません。日本動脈硬化学会が2012年6月に刊行した「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012」に対して、日本脂質栄養学会は、「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012」への反論を、国際栄養科学連合IUNS)と欧州栄養学会連合(FENS)の公式雑誌に掲載を許され、「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012」は、診察室座右の書としては最早ふさわしくないという烙印を押されたのも同然です。同様に日本動脈硬化学会が編者となっている項目も抹殺されるべきです。
 隠居組では、日本脂質栄養学会の助言を受けて、「今日の治療薬2013(南山堂)」の脂質異常症の部分にメスを入れて、利益相反のない立場よりコメントするように準備を進めています。