ウェブ アニメーター
ウェブ アニメーター
 
  米 国

米国心肺血液研究所
(National Heart, Lung and Blood Institute)
ガイドラインに相当する《NCEPATP》を出版してきている。

NCEPATP
(National Cholesterol Education Program Adult Treatment Panel)

NCEP ATPⅢ:「低ければ低いほどよい」説の発信元。
NCEP ATPⅣ:発表が期待されているものの、
2004年以降、新しいガイドラインは出されていない。
待たせすぎであるとの批判も出ている。
(Stiles S, Heartwire Jan 11, 2012)
http://www.theheart.org/article 1495001.do
 
  米 国

米国内科学会
(American College of Physicians, ACP)
1996年、2004年、2007年と下記声明を発表している。
 コレステロール値を測定する必要があるのは
若い人(男性35歳未満、女性45歳未満)で
家族性高脂血症の疑いのある人のみ、としている。
ACP:Ann Intern Med 1996;124:515-517
ACP Guideline 2004, 2007
 
  米 国

米国心臓病学会
(American Heart Association, AHA)
低リスク者に対する治療ガイドラインを公表。
2010年
血圧やコレステロールの測定は5年に1回でよい。
酸化LDL、小型LDL、Apo蛋白などのnovel biomarkerの測定は不要。
Circulation 2010;122:e584-636
 
  英 国

Cochrane
2011年 
 Statins for the primary prevention of cardiovascular disease.
 “Caution should be taken in prescribing statins for primary prevention
among people at low cardiovascular risk.”rgr
 “低リスク者の一次予防にスタチンは注意”
 
  日 本 

動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版
日本動脈硬化学会
アエラ (AERA)2012年9月24日 (長谷川 煕)
「コレステロールは引き下げるな」、日本脂質栄養学会に軍配をあげる。
 
  日 本 

長寿のためのコレステロールガイドライン2010年版
  奥山治美、浜崎智仁、大櫛陽一他
中日出版社
2010年
Okuyama H et al.,
Prevention of CHD, from the cholesterol hypothesis to ω6/ω3 balance,
Karger, Basel, 2007
 
  専門誌の論説
Editorial

論説:日本におけるコレステロール論争
Hamazaki T, Okuyama H, Ogushi Y, Hama R.
Cholesterol Issues in Japan-Why are the goals of cholesterol levels set so low? 
 Ann Nutr Metab 2013;62:32-36
 http://jsln.umin.jp/Against-JASG2012.html

Ann Nutr Metab
(Annals of Nutrition and Metabolism) 
 
国際栄養科学連合(IUNS)と欧州栄養学会連合(FENS)の公式雑誌
IUNS=International Union of Nutritional Sciences
http://www.iuns.org/
http://www.jsnfs.or.jp/wp-content/uploads/file/link/iuns.html
FENS=Federation of European Nutrition Societies
http://www.fensnutrition.eu/
 
  専門誌の論説
Editorial

 コレステロール仮説は訃報の時
The cholesterol hypothesis: time for the obituary?
Scherstén T, Rosch PJ, Arfors KE, Sundberg R.
Scand Cardiovasc J; 2011:45:322-3.
Abstract
 The cholesterol hypothesis links cholesterol intake and blood levels to cardiovascular disease. It has had enormous impact on health care and society during decades, but has little or no scientific backing that is relevant for the human species. Apparently, the hypothesis is false and should be buried.
 
  フランス

コレステロール 嘘とプロパガンダ
ミッシェル・ド・ロルジュリル著
 浜崎智仁訳
篠原出版新社
2009年
 
  デンマーク

“Fat and Cholesterol are GOOD for You!”2009 
Uffe Ravnskov
2009年 
Uffe Ravnskov
2009年 
 
  ド イ ツ
コレステロールの欺瞞
26版 
Walter Hartenbach
大島・小出訳、奥山監修
中日出版
2011年
 
  ト ル コ
一般医と家庭医のスタチン処方を禁止
2011年12月
詳細を調査中

\